【サンリオキャラクター大賞】光と陰

サンリオキャラクター大賞

サンリオの不人気キャラクター

※この記事は、前回の続きになります

今回(サンリオキャラクター大賞2023年)90ものキャラクターがノミネートされた。
そんな中、大量の票を獲得して、圧倒的な人気で圧勝したシナモロールの陰には、やはり不人気で最下位…という悲しい世界が存在する。光あるところには陰がある。それは光と影の関係から、仕方がないことではある。
それでは、そんな不名誉な下位3キャラクターを見てみようと思う。

もちろん、一般的に見ても「知らない」人が多数であろう。
私も見たことが無い。
知名度が無いだけであれば、50位以降のノミネートキャラをざっと見渡すと、ほとんど知らないキャラクターがたくさん存在している。
じゃあ、この3キャラなのは、たまたまなのか?
それも違う。
過去のサンリオキャラクター大賞の結果を見てみると、なぜかこの3キャラが最下位争いをずっと続けているのである。
まさに、動かぬ三強。アイルトンセナ・アランプロスト・ナイジェルマンセルのF1時代を見ているかのよう。
他にもたくさんキャラクターがいるのに、どうしてかこの3キャラで最下位争いをしているのである。

2019年

2020年

2021年

2022年

強い!強い!強すぎる!
ここまで揃って最下位争いができるなんて、単に知名度が低いだけでは成しえることはできない。
パッと見で、可愛くないとか気持ち悪いとか、そういうイメージなんてなくて、どっちかと言えば可愛い外見をしているのに、どうしてこんな結果になってしまっているのか。

さらに過去をさかのぼって最下位を見ると、可愛くなくて気持ち悪いキャラクターが最下位となっている。
だちょのすけに関しては、関西のローカル番組に登場している借金まみれの漫才師「かつみ・さゆり」のおー!!ぼよよーんを連想させるかのようなもの。
「~の助」という名前が付くと、サンリオ大賞では最下位になるというジンクスでも生まれたのか…?
密かに帝王スポーティングベアーズが、かならず3位以内に君臨しているのも悲しい事実である。
そして、ポッと出だったのか、この気持ち悪くて仕方がない「~の助コンビ」が退いた後は、不人気三強の時代が始まる。
(ぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺン議員…とはつまりペンギンって言いたかったのか…)

私はこの過去の惨状を悲しんだ末に…

私はこの不人気強豪3キャラが歴代グランプリを残すことに、少し疑問と悲しみを覚え、2023年の4月頃から始まった、サンリオキャラクター大賞2023年の今大賞に参加することにしたのだ。
わざわざサンリオの会員登録を行い、毎日気に入ったキャラクターに投票する。
1アカウントにつき、1日1キャラ投票が可能。
毎日コツコツと、このセナ・プロスト・マンセルに清き一票を費やしていった…

毎日コツコツ頑張った
せめて最下位争いだけはさせたくない。
他の知名度が低いキャラクターよりは、私一人が頑張った分、勝ってくれると信じながら…。
それなのに…だ。

あんまりだ!!
私が投票したものは、カウントされていないのか?
そもそも、この下位にあたるキャラクターたちには、上位のように何票集まったかの表示が無いじゃないか。
情報操作されてる!?情報操作していると言われてもおかしくないぞ!
みんな…きゅうべぇにだまされてるっ!!
所詮、国民一人の力ではどうにもならない政治の世界のように、サンリオキャラクター大賞にもよくわからない力が働いているに違いない。

最下位は、必ずこの3キャラ

では、いったいこの3キャラは何者なのか?
見た目はそれほどブサイクでも気持ち悪いでもなく、知名度が低くて人気薄程度。
エントリーしているたくさんのサンリオキャラクターの中でも、目立ってキモイとか知らなすぎるとか、特にずば抜けて不人気である理由はみつからない。
人気投票というわけなので、トップを独走するシナモロールに関しては、ファンが多く組織票があってもおかしくないため、結果としては頷けるのだが、嫌いなキャラクターを投票によって蹴落とす制度は無いはずである。
それなのに、確実に最下位で優勝を決める、アイルトンセナ顔負けのグランプリ制覇は、明らかにおかしい。
そもそも…

カルシウム。
歯医者のキャラクターなのか?可愛いとは程遠い歯ぐるまんすたいる
可愛さもへったくれもない。

BBA。
まあ、なんとなく見たことがある気はするキャラクターだが、戦時中の60年前は可愛かったかも知れないが、あんまりである。

ルイージ。
サブ。おまけ。スプリングワッシャー。パンの包装の挟むやつ。
それくらいの存在感。
表舞台に出してもらったところを見たことが無い。

知らない。
理由は同じだし、あんまし可愛いとは思えないのに、ほぼ中間順位。
知名度が低い面でいえば、それほど理由は変わらないはずなのに。

もはやいきものでもない。
物、道具。
生命が宿ってもいない「物」にまで負けるとか、一体どうなっているのだろうか?
こんなのに…というと、本当にいらっしゃるファンの方に失礼になってしまうが、あの3強たちが負けて最下位争いしているところに、悪意を感じざるを得ない。
武器を持った奴が相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ないほど、これは追い詰められた深刻な問題なのである。
ただ、覇王翔吼拳はスキが大きすぎて、さらには使ったところで小パンチで消されるので、さほど大きなことではない。

こうなると、かつてデス様と崇められていた、史上最強のクソゲー「デスクリムゾン」のサターンマガジン歴代レビュー評価を思い出さずにはいられない。
その「デスクリムゾン」とは、あまりに素晴らしすぎるクソゲーで、一言では語れないほどの、クソすぎる要素が詰まりすぎて伝説となった、キングオブクソゲーの名前である。
サターンマガジンというゲーム雑誌に、毎月プレーしたゲームを評価してはがきで出す…という、歴代レビューランキングというものが開催されており「デス様」と崇める怪しい宗教「クリムゾナー」たちが、毎回最低点を付けて、デスクリムゾンを最下位に君臨させ続けるという暴挙が行われていた。
そのため、デス様はクソゲーフリークたちに愛され続けて、もはや伝説的存在となり、今では高額すぎて手に入らないプレミアが付いてしまうほどになってしまった。
ゲームそのものはつまらないので、中国製のファミコンのパチモンに50個くらい入ってるしょーもないクソゲーのどれにもかなわないほどのゲームなので(ゲームそのものが不具合)商品としての価値はゴミ以下だが、存在は宝石を超えるという、意味不明な相場を醸し出している。
ちなみに私のハンドルネームは、その「デスクリムゾン」の主人公の名前から有難く使わせていただいている
話がまた脱線した。
少なくとも、評価を下げる方法が無いサンリオキャラクター大賞なのに、どうしてここまで最下位にあり続けられるのか。
本当にどうでもいいことだが、少しだけこの3強について調べてみることにした。

スポーティングベアーズ

・過去の成績
2016年(98位/100)
2017年(94位/100)
2018年(99位/100)
2019年(80位/80)※WIN!
2020年(79位/80)
2021年(79位/80)
2022年(78位/80)
2023年(89位/90)

「歴戦の魔族」スポーティングベアーズ
過去の成績からわかる通り、栄光の優勝は1度だけだが、ケツから3位以内をほとんど逃したことが無い文句なしの最強クラスの不人気度。三国志などのシミュレーションゲームの武将ステータスにしてみると、趙雲や関羽のように、抜け目ないステータスになるほど、恐ろしい数字が並ぶ。
強さの秘訣はわからないが、一見ほのぼのとして幸せそうな家族に見えるスポーティングベアーズ。
4人がかりでこの成績なので、一人一人の力は最弱クラス。よって最強の不人気王者と言っても過言ではないが、それでは成り立たないので4人で力を合わせての結果だと考えるしかない。
娘ちゃんなんて、左耳にキティちゃんと同じリボンを付けている。それなのになぜ勝てない?
絵柄も暖かく、可愛いと思われるはずなのに、一体何がそうさせているのだろうか?

スポーティングベアーズは山梨中央銀行のキャラクター

山梨中央銀行…実にローカルに絞られた存在ではある。
ひょっとしたら、山梨の人たちにはお馴染みすぎるかもしれない。
ただ、そんな山梨県民の人たちにも愛されず、こんな底の世界を徘徊させられる運命となってしまった可哀想な家族クマたち。
本当にちゃんと活躍しているのか、実際に山梨中央銀行のページを開いてみることにした。

いた!!
トップページの中にとっても小さく、何気に存在していました。
親が働いて、子供は遊ぶ…という典型的な家庭の家族を描いています。
両親とも銀行員ということなので、なかなか良い暮らしができていそうな家族。

ちゃんとフッターにも使われて、しっかりと登場しています。
山梨中央銀行の看板をしっかりと背負って、大活躍しているように思われます。
これは微笑ましい活躍。
最下位をデッドヒートさせてしまうような、可哀想な扱いはしてほしくない
幸せそうな家族のオーラが漂うその風貌は、実に「良き生活」のイメージを表に出していて、山梨中央銀行のページをほんのりと明るくしている。実際はどうなのかわからないが

3次元でも活躍しているらしい。
表情などから一瞬「しま○ろう」を思わせて、福武書店とバチバチになりそうな不安を覚えたが、立派に明るく三次元化している。
背の高さが大きく異なる父親母親などと同時に登場することはできないのは、大人の事情だと判断せざるを得ない。
胸の部分に小さくプリントされているSPORTINGBEARSに、気づく山梨県民が何人いるのか調べてみたいところではある。

三次元でしっかりと活動している。
ヴァンフォーレ甲府というサッカーチームのキャラクターとの記念撮影。
ガンバ大阪とバトルするらしい。
そんな大きなイベントに起用されるくらいのアグレッシブさなので、決して不人気キャラとして墜ちてはいけないと思う。
ただ、息子がこの大きさなので、家族が揃うと最強最大の着ぐるみ歌ってオドロンパのオドロンをも超えるほどの、暑っ苦しい着ぐるみワールドが目の前にて展開されるのは、もう火を見るよりも明らかだろう。

ちなみに、2021年にキャラクターを型取ったペンダントをファンの投票と投資によって作られるイベントまで開催されていたのだが…

現実は厳しかった…
来年こそは、なんとかしてこの幸せなファミリーを最下位争いから脱退させることを宣言する。
きっと、たくさんの支援者が来てくれることに期待している。
オラに力を貸してくれ!!返さんけどな。


リトルラヴィン

・過去の成績
2016年(90位/100)
2017年(92位/100)
2018年(94位/100)
2019年(79位/80)
2020年(80位/80)※WIN!!
2021年(80位/80)※WIN!!
2022年(79位/80)
2023年(90位/90)※WIN!!
「冥府の皇帝」リトルラヴィン
バランスよく最下位争いを続け、なんと2連覇を果たす地の覇者。
前回は桃色の死神ドリームティルクーベアに屈するも、今回再び最下位の栄冠を取り返すという…まさに不屈の不人気の中の不人気…ドラマチックすぎる。
「獲られたら獲り返す」
もはや戦いの中でしか生きられないようなその戦いっぷりは、参加者たちの涙を誘う。
華やかな雲の上では、最強の覇者「シナモロール」が連覇している中、奇しくも最下位を連覇しているのも、同じ犬という悲しい事実。
最も人気のある犬vs冥府の皇帝の犬
誰もが認める、この最下位の覇者「リトルラヴィン」とはいったい何者なのだろうか?

リトルラヴィンは愛知銀行のキャラクター

山梨中央銀行はスポーティングベアーズだったが、リトルラヴィンは愛知銀行のキャラクターとして活躍しているそう。
よって、日本の中心…東と西を分ける地域での、何かと日本一が多い名古屋の人たちにとって、リトルラヴィンは多く親しまれているのかも知れない。
愛知銀行と聞くと、我ら関西人にとっては大手に聞こえる。
さっそく、愛知銀行のページを覗いてみる。

いました。
きっちりとお仕事をされていて、少しほっとする。
よく見ると2016年にサンリオから譲り受けた…という表記がなされているように思うが…登場した当初は知名度が無いので仕方がないけれど、そんな90位からじわじわと冥府の皇帝へとのし上がるなんて、誰が予想しただろう。
見た目も可愛らしく、愛嬌も感じるリトルラヴィンなのだが、一体どこがいけないのだろう?

愛知銀行は、ちゃんとリトルラヴィンの紹介ページを設けている。
サンリオから受けたキャラクターをきちんと宣伝して活躍させているという証拠である。
さっそく、リトルラヴィンの紹介ページを見てみることにしよう。

オーストラリアのシドニーから、親の転勤で連れてこられたらしい。
なお、愛知とシドニーは姉妹都市として提携している
そんな地元愛を大切にして誕生したリトルラヴィンは、愛知のことを愛している人に作られたに違いない。
二つの国の都市の友好を結ぶということでも、リトルラヴィンは非常に重要な存在を兼ねている。
こう見てみると、きっちりと練りに練って生み出されたキャラクターだと考えられる。
それがまさかの最下位連覇を成し遂げる不人気王に君臨してしまうことになるなんて、きっと予想すらしていなかっただろう。

帽子についている、おしゃれな飾りは愛知銀行のマーク。
愛と夢のしるし…ということで会社の企業理念を表に打ち出している。
正直なところ、版権キャラに頼らずにオリジナルキャラクターで企業理念を押し出しながら活躍させるというスタンスは、とても共感できる
心から頑張ってと応援したい。
東京三菱銀行は、確かディズニーをそのまま版権利用してた。
アラジンがプリントされたカードを交付されたのを覚えている(まだUFJが合体してなかったころ)
あさひ銀行はミッフィーだ。
そう考えると、前述のスポーティングベアーズも、このリトルラヴィンも、サンリオに手掛けられたまったくのオリジナルであるのは、とても正攻法的にすごいことかと思う。

しかし、そのワッペンが人気ランキングでの奈落の底で地を這う結果になろうとは、そのおじいちゃんもまったく予想していなかっただろう。
不人気連覇は凄まじい事実である。
私があんだけ一生懸命投票しても、その事実を変えてあげることができなかった。
まさに奈落の底を支配する、冥府の皇帝に相応しい存在である。

次に、家族を見てみる。
おとん、やはり銀行のキャラだけに特技が貯金。
貯金が特技?と言われると、少し疑問も感じるだろうが、ここは日本一のパチンコ王国名古屋。
娯楽溢れる誘惑だらけの都市を前に、貯金できるスタイルは素晴らしいのである。
愛知はトヨタ。
車で世界一周旅行、恐らく車はレクサス。
レクサスは車種じゃないというツッコミはいらない。女子大生が選ぶ彼氏に乗ってもらいたい車第一位はレクサスなのだ。とりあえずなんでもいいということだ。
あらゆる国での免許制度と関税などで苦労しそうな夢である。
がんばってほしい。
そして、名古屋と言えばみそ。
味噌カツなどがとても美味しいので、その辺りもきっちりと抑えているところが素晴らしい。
何にでもみそを付ける愛知人vs何にでもソース(ウスター)をかける大阪人。
よその人たちから見ると、どちらが美味しそうですか?

おかん。
やはりこちらも名古屋名物「きしめん」をしっかりと抑えている。
動画で「きしめん」と検索すると引っ掛かる変な歌

きしめんというと、こちらの印象が強くて、本当はどんな食べ物なのか良く知らない。
コシが強いのかな?さぬきうどんとどちらが美味しいのだろうか。
平べったいコードのことを「きしめん」と呼んで作業してた記憶はある…。

妹。
あんかけスパゲティ…
関西人である私には、馴染みのないメニュー。

…なるほど。
長崎ちゃんぽんのカレー版?見かけはそんな感じである。
具などを見ると、スパゲティというよりも焼きそばのイメージが強い。
名古屋名物らしいので、一度食べてみたくはある。

あの名古屋の老舗「スガキヤ」が製品として出しているが…残念ながら売っているのを見たことが無いので、やはり地元のメニューなのか。食べてみたい。
美味しいですか?
そして、名古屋といえば、ずっと昔から話題になっている喫茶店がある。

もはや、これを見ただけで「ああ、あそこか。」という反応が来そうなトンデモメニューである。
これは緑の悪魔と呼ばれている「メロンパンスパ」で、確実に殺しに来ている。
量もすさまじいので、完食するには大食いだけではなく、甘党、ゲテモノの属性を持っていないと不可能。
この緑の悪魔に、チャレンジしてみてほしい。

緑の悪魔…
こんなキレイな受付嬢が、悪魔なわけがありませんね。

同じく「抹茶スパ」
もう、言わずもがなという見かけに、光り輝くパスタがおぞましく見えます。
これも、メロンパンスパに次ぐ、緑の悪魔だそう。
私は20年も前に訪れたことがあるが、無難なキノコなんとかスパというのを頼んで、美味しく終わった。
量はすごかったけれど、普通に美味しかったイメージである。
それが未だにずっと続いているということは、この店はとても愛され続ける名古屋の名所なんだなということがわかる。
名古屋に訪れた際には、チャレンジしてみてほしい。なお、私はやらない。

アイドルと歌の先生については、割愛することにした。

双子の弟と妹。ということは、二卵双生児ということになるのか。
意外と子育てに苦労してそうな家庭だと見受けられる。
妹は早くも色気づき、弟は早くも超能力に目覚めているという、類まれなる才能一家である。
好きな食べ物も名古屋名物というところも抜かりない。

天むすは、えびふりゃーをごはんと海苔で包んだ、おにぎりのようなもの。
この写真を見ると、ちょっぴりグロテスクだが天丼をコンパクトに食べられるというコンセプトから生まれたのか、お手軽感が良くて私も好きである。
名古屋名物だったとは、知らなかった。
妹はこれが大好きらしい。
おしゃれに目覚めた陽キャが好むようなメニューじゃない気はするが…おいしいので良し。

弟は手羽先。
そもそも幼い子供が好んで食べるような食べものとは到底考えられないが、名古屋の設定上仕方がないのだろう。
この幼い双子こそ、あんかけスパゲティか、あるいはなごやんの方がよかったのではないだろうか?
あとは特技にある「ママの作った今日のメニューをピタリと当てる」というのがあるが、作った後のものを当てても意味がないと思う。答えが見えてるじゃないか。

…という、リトルラヴィンファミリーを一通り紹介させてもらった。
スポーティングベアーズに負けないくらいの幸せ家族、そもそもスポーティングベアーズの家族には、一人一人の設定が無いところで負けている。この分ではリトルラヴィンの方が凝っていて勝っている。
…が、ランキングでは負けている。
このような、設定もしっかりとしたオリジナルキャラクターで勝負する愛知銀行。
愛嬌もタップリなので、ここを読んでくれている読者さんも、是非とも来年は応援して、最下位連覇から脱出させてあげようではないか。

そんな、愛知銀行さんも自覚しているのか、この栄えある不名誉を大きく掲げている。
この一年後には桃色の死神に譲も、まさか再び最凶の座に君臨することになるなんて、誰が予想…いや、結構な人たちが予想していたらしい。

ドリームテイルクーベア

・過去の成績
2016年(71位/100)
2017年(48位/100)
2018年(49位/100)
2019年(76位/80)
2020年(77位/80)
2021年(77位/80)
2022年(80位/80)※WIN!!
2023年(88位/90)
「桃色の死神」ドリームテイルクーベア
登場当初は50位を切るほどの大健闘を見せ、安定した人気を維持した可愛いキャラクターなのかと思われたが、その後一気に急落。
2020年頃には不人気3強入りを果たして、なんと!2022年には「冥府の皇帝リトルラヴィン」の連覇を阻止するという歴史的快挙を成し遂げる。
今回の2023年大賞戦では、王者の座を奪い返されるも、3強に恥じない位置に付けて、その強さを見せつけてくれている。
どうもサンリオは、スポーティングベアーズでもドリームテイルクーベアにしても、熊のキャラクターに弱い感は否めない。
ライバル的存在のサンエックス製人気熊「リラックマ」をはじめ、LINEのブラウンなど、熊のキャラクターは人気が高いことが定説なのに、イマイチサンリオ製クマキャラは伸び悩んでいる。

ドリームテイルクーベアは武蔵野銀行のキャラクター?

なんと、揃いも揃って暗黒の3キャラクターは、みんな銀行のキャラクターだった!?
銀行のキャラクターに登用されると、大賞のランクが下がるというジンクスでもあるのか、もはや偶然とは言い難い事実があった。
この桃色の死神も銀行の看板を背負って、生み出されたオリジナルキャラクターだというのか。
武蔵野といえば、都会のイメージが強い。
ゆえに、人口も多く知名度が高いはずなのに、暗黒界を徘徊する結果となってしまっているのは、やはり何か理由が無いとも言い切れない。
さっそく、ドリームテイルクーベアとは何者なのか、武蔵野銀行のホームページを訪ねてみる。

え!?
あまりの衝撃的映像に開いた口が塞がらない。
キミは総合第4位のポチャッコさまではないですか?
なんで?どうして?わけがわからないよ。

調べてみると、ポチャッコは武蔵野銀行のために生み出されたキャラクターではなく、人気すぎて色んな銀行を掛け持ちさせられる看板犬として活躍しているようで…じゃあ、桃色の死神ドリームテイルクーベアは…?

いました。
すごくちっちゃくて、しかもモタモタしていると他のバナーに押されて、横へと消えていきます。
キャラクター紹介なども無し、なかなか可哀想な扱いです。

お金について学べるクイズを担当している。
正直、物知りでなければかなり難しいクイズが連発する。

なかなか今を思わせる問題も出題されるところから、このクイズはちゃんと更新されていると考えられる。
ここでドリームテイルクーベアが発している「身分証明書として使える」というヒントが、あながち政府が無理に推し進める情報の一体化を手助けしているかのようである。
そのうちまとめてどこかに乗っ取られてしまうようなプロジェクトに思えて仕方がない。

大人向けなのか子供向けなのかわからない問題も出題される。
まさに魔法のカードなので、ガチャ引きまくって爆死してもお金が減らないのはとっても魅力だということを教えてくれてる(大嘘)
人生は一度きり。
好きなことをやらないと、後で後悔するので「2」が正解だと思うぞ。

…といった感じで、小さく活躍しているドリームテイルクーベア。
さらに調べてみると、このドリームテイルクーベア…もう(以下KB)は武蔵野銀行のために作られたキャラクターではないらしい。

もともと、サンリオから色によってメッセージがあるというぬいぐるみとして登場。
後ろは決して振り返らないポジティブすぎる熊というコンセプトの元登場し、そのポジティブメッセージで女の子たちに勇気を与える…ようなぬいぐるみだそうだ。
確かに、暗黒界で争って、覇者リトルラヴィンの連覇を食い止める様は、ポジティブすぎると言っても過言ではない。前述の通り最下位は人の力では取れないのである。
そういえば、こういったクマの色や形で区別した大人気グッズがあったのを覚えているだろうか?

バースデーテディ。
「あぁ!あったあった!」と懐かしむのは40代後半女性あたりか。
当時を知っている人は、この爆発的ブームと人気を知っているかも知れない。
単純に言えば、チョコレートと一緒にぬのっきれで作られた熊が同封されている食玩で、そのぬのっきれの熊に誕生日が記されている。
その誕生日ごとに模様が違っており、その数はまさに365種類!!
自分の誕生日と同じ熊を見つけ出すことがステータスとなって、みんなこぞって買うのだが、パッケージからではクマが見えるだけで誕生日がいつなのかは見ることができない
しかも比較的単価が180円と安く(当時はバブル期だったのでチロルチョコ並み)自分の誕生日クマが出るまで大量に買いつくすOLも少なくなかった。
365分の1を引き当てるために、チョコを大量に購入…
ビックリマンのスーパーゼウスを当てるくらいえげつない戦いが、大人の女性内で繰り広げられていたのである。
ビックリマンシールだけ取って、ウエハースを棄てる行為が問題化したが、それを笑えない現実がここにもあった。

中身はこんな安っぽいクマのぬのっきれだが、自分と同じ誕生日が記載され、さらには名前まであるのだから当たればホントに嬉しかったと思う。
スーパーゼウスやヘッドロココのキラキラを引き当てた少年の如く、純粋な喜びの目を浮かべていただろう。
しかし、いつまでも当たらずハズレ熊を大量に抱えてしまうOLも少なくなく、当時はメルカリなんて無かったから処分するしか方法がなかった。…が、気になる男子の誕生日を調べて送ってお近づきになる!という裏技もあったわけで、女子は男子よりも計算高い生き物だと思う。

コレクション物というのは、恐ろしくもあり残酷。
私も自分の誕生日クマを持っていた記憶がある。名前はダイスケで真っ赤っかな味気ないデザインだったのを覚えている。

また話が逸れた。
そんなKBは(なんかQBみたい)ここまで大量の種類にしてしまうと破産してしまう女子が出そうなのを考慮してか(KBが出た時はバブル崩壊後)わずか5種類でコンプリートを成し遂げることができる。

ただ…ちょっと可愛くない。
スターウォーズのこの人

人じゃない…チュウイさんに近い。
もちろん、現実にKBのぬいぐるみを見たことなんてなく、謎の存在のまま武蔵野銀行の看板キャラクターとして任命されることになった。
銀行の看板として生まれたスポーティングベアーズやリトルラヴィンとは異なり、ミッフィーやキティちゃんのように商業的活躍しているところを抜擢される…というスター的な形でKBは武蔵野銀行へとやってきたのである。

もちろん、銀行のグッズもあったらしい

ポケットティッシュケース。
KBの文字を奪ってしまったら、個性が無くなり一体何のキャラクターなのかわからなくなるのが弱点。
キャッシュカードにも記載されたりしたのだろうか?
デザインはイマイチ…

三次元での活躍もなされたらしい。
埼玉県民にとっては、お馴染みなのかも知れない。
…が、悲劇は突然やってきた。

https://twitter.com/_musashinobank_/status/1443742459113136128?s=20

KBでは力不足だったのか。
ここでまさかのポチャッコ投入。KBは?KBはどうするの!?
最強ランク5位以内に入る大人気キャラと、最下位5位以内の暗黒界を徘徊するキャラでは、どちらがメインを務めるなんて、こんなの…火を見るより明らか。
武蔵野銀行、残酷すぎるぜ…

もう、ポチャッコがメインを務めるかのようにお前は俺の後ろで控えていな!くらいの地獄絵巻が目の前に映し出されている。
一緒に頑張るとは言っているものの、この大人気と超不人気のコラボ…いったいどう展開していくのだろうか?
ただ、下に記載されている名前の順番は、先輩であるKBの方が先に記されているところから、ちょっとだけ武蔵野銀行に配慮されていることがわかる。

しかし…現実は残酷だった

https://twitter.com/_musashinobank_/status/1523562388402098177?s=20

もう、完全に乗っ取られている。
KBの姿は全くなく、武蔵野銀行と言えばポチャッコというイメージが成り立ってしまっているのである。
ハッシュタグなんて、#ポチャッコしかない時点で、完全に存在を消されている。
もう、大人の都合…悪意しか感じられません。
今の時代は実力社会です。数字が取れなければ問答無用で存在すらも消滅させられる。

「そうよ…最初から存在していなかったことにすればいいのよ…」
KBはアルティメットまどかさんの如く、あまりにも残酷すぎる運命を背負わされ、後からきたポチャッコに完全に蹴落とされる形になってしまったのである。

運命とは…残酷なものなのよ…。
ここまでひどい扱いを受けた上で、さらには…

あんまりだ…
桃色の死神ことドリームテイルクーベア(略してKB)は、来年も大賞にノミネートされるのだろうか…?
もし、ノミネートされたのなら、私はまた全力で応援する。
あの上位で笑う犬どもに、一泡吹かせてやろうじゃないか!!

…そして、いつかはこの夢の舞台に、暗黒界トップ3を立たせてやりたい。
(まず、ローカル知名度と世界の知名度でバトルしてる時点で間違っているが)


来年こそは

みなさん、いかがでしたか?
華やかな光があれば、必ず陰もあります。
そんな陰の世界は壮絶かつ残酷。
個人的には可愛いと思うし、悪いキャラクターとは思えないので、来年も大賞にノミネートされるのであれば、また全力で応援したいと思っています。
こんな意味不明なつたない文章を、ここまで…最後まで読んでいただいた読者さんたちも、ぜひとも力を貸してほしいです。
来年はこの3キャラを最下位争いから…いや!サンリオの夢の舞台へと立たせてあげましょう!(無理)

こんな無意味な記事に3日間も費やすなんて…よほど暇なのね

こういうクソゲー的な要素に関しては、黙ってられないからな。
悪い癖だわ

このムダな記事、無駄な労力になるとは思いますが、本当のサンリオファンが来たら、荒れてえらいことになりそうな予感がします…

荒れたら、もーっと無駄な労力が増えるんだよね!!

こういったことだと、過去の人気投票で毎回最下位のグランドチャンピオンなかすみちゃんは、気持ちがわかるんじゃないの?

放っておいてください。

サンリオキャラクター大賞

Posted by magamo