【あんづにおまかせ!】フルロックターンへの道

2020年12月10日あんづにおまかせ!,初級Uターン,フルロックターン,ライテク,初心者

悩ましい限り…わたしのコーナーが独立するなんて。まるで芸能界のドンの番組みたいな名前だし…この際だから、みんなできるようになって帰ってね!

フルロックターンの必要性

やっぱり、回転といえば「フルロックターン」が外せない。
「無しでもいける」のですが、できるとコントロールの幅が大きく広がるよ。
中には「フルロックしてしまった方が安心」という声も多く、一度できるようになってしまえば、その快感からか、しばらく調子に乗ってフルロックを多用してしまうかも!

まず、フルロックターンって何?って人もいるかもね。

フルロックターンとは…

バイクのハンドルを右か左かに思いっきり切っていって…コツン!って当たるところで止めた状態で曲がることだよ。
バイクカタログの「最小半径」に書かれてる数字のことだね。
だけど、走りながらやる場合は、少しバンクするので、この数字とは異なるよ。

デュアルパーパスについては、ハンドルの切れ角が大きすぎるので、ストッパーなどに物を噛ませたりして…

うわぁ!デュアルパーパスだって!なつかしいわ!

え!?なんか変な事言いました?

いや…間違っては無いような気はするけど…
いまどきのライダーにはピンと来ないかなーって…

デュアルパーパスよりも…オフロードバイク、モトクロス…
と言った方がいいかもね。
「悪路に特化してるんだから、違う!」とか細かい事突っ込まれたらめんどくさいけどね。

まあ…その、ハンドルが切れすぎるのも問題ってことかな。
ほぼ直角近くまで切れちゃうと、ジムカーナの回転はとてもできないよ。だからいい感じの角度で調整するんだけど…

あ、今はそんな話をしてるんじゃなかったよね。ごめんなさい

このコーナー、先が心配だなぁ…

そうねぇ…

あんたに言われたくないと思うよ

「あんづにでまかせ!」にならないようにねー