ジクサー250の燃費と走行能力 10つのオススメポイント

ちくさのバイク紹介,ジクサー

ジクサー250慣らしツーリング

早速ですが、納車日の次の日に慣らしでツーリングに行く事にしました。距離もざっと350kmほど。街乗り、ワインディング、高速道路をすべて含めたコースになるので、ツーリングとしてのデータは取れそうです。その中から慣らし走行時点での、レビューっぽいものでジクサーの能力をお伝えできればと思います。

【ジクサーのいいとこ】1.取り回しが軽い!

左が新型ジクサー250で右が初代ジクサー150

一見、思ってた以上に大柄に見えるジクサー250。前に乗らせていただいた旧型ジクサー150に比べると、かなり太くて大柄です。気軽に乗って、テキトーな足代わりに扱うという考えで買ったけど、ちょっと失敗したか…?と感じた第一印象。けれど、取り回しで動かした時点でその後悔の念は吹っ飛びます。

めちゃ軽っ!!

前に乗っていたことがあるVTR250のカタログ上重量が160kgだそうですが、このジクサー250は154kgだそうです。VTR250でも軽っ!って感じましたが、それ以上に軽い。大柄に見える車体とは考えられないくらいの軽さで、まるでセミの抜け殻のような印象です。跨ぎながらの取り回しも楽勝、多少の坂道でも跨いだまま動けます。(できれば降りて押しましょう)これは恐らくジクサー250に触れて、最初に驚くポイントではないでしょうか!?

ここがPOINT!
「中身が空洞なのかと思う軽さ」
わたしはここの看板娘の早島あんづです。よろしくお願いします。
セミの抜け殻は言い過ぎだけど、力に自信の無い女子が取回しても安心できるくらいの軽さだよ!マッドブラックの塗装で、まるでプラスチック?みたいな軽さにびっくり。

【ジクサーのいいとこ】2.ちっちゃい

それでは早速跨ってみます。

ハンドル近っ!

今どきのZ1000とかのストリートファイター系?なポジションなのか、とにかくハンドルまでが近い。そしてハンドルがとても広く感じます。シートも細くて印象的にはモトクロスやモタードのような感じ。ハンドルが近くて軽いので、とてもちっちゃく感じます。操る身としては安心。そう。色んなレビューで、この新型ジクサーの不安材料とされている800mmもあるシート高ですが、座る部分のシートが異常に細く、前述のモトクロスのような感じとなるため、足つきは悪くありません。そして軽いので多少傾けても耐えれるので、立ちごけの心配は少ないかと思われます

ここがPOINT!
「小ささが武器」
これはね、バイクへの価値観によって変わってくるけど、大きなバイクを操りたい!…という考えだと正反対になっちゃう。ポジションがコンパクトだよ。さらにネイキッドでカウルが無いから、ちょっと寂しいかも。前傾でもないから、ゆったりしてる。とにかくちっちゃくて短い!

【ジクサーのいいとこ】3.街乗りスイスイ

ちょっと近所までちょろっと走れる♪

待ち合わせの高速パーキングエリアまで走ります。バイパスはお金が掛かるので、ケチって下道で途中の入り口まで走ります。慣らし走行ということなので、6000rpm縛りで一日過ごさなければなりません。…が、この低速域が凄かった。

アクセル回さなくても楽に加速。

あっという間に60km/hまで達成するし、ギアも6速に到達します。早めにシフトアップしても、ノッキングがほとんどなくて、ゆとりある走りと、低速が太いのでキビキビと走れます。これは意外。もっとスッカスカなのかと予想していました。

ここがPOINT!
「かなりの低速トルク」
250単気筒…ということだから、低速のトルクはしっかりしてる。
さらには、多少ギア設定を横着してシフトダウンしなくても、しっかり付いてくるよ。
これだけの低速安定性…ジムカーナに期待しちゃう…ね?

【ジクサーのいいとこ】4.静か~

少し走って思ったのは、とても静かだということ。単気筒だから加速時などで振動が来るかと思ったけど、このジクサー250は振動が少ないです。下手すれば125ccのスクーターよりも静か。

振動がほとんどない。

静かに加速するもんだから、いつのまにか速度オーバー…ってことに!?

ここがPOINT!
「振動が少ない」
これは好みが分かれるかも知れないね。やっぱり単気筒のバイクは振動しなきゃ!って思う人もいるから、静かすぎるのも…。やっぱりだいたいの人はマフラー変えちゃうんだろうね。純正の静かさは実用性は凄いよ。悪く言えば「しょぼい」

【ジクサーのいいとこ】5.意外と高速もいける

高速道路…というか、バイパスを走ってみたところ、とにかく静かに加速するもんだから、V型2気筒?みたいな感じの感覚で走れます。SV650の子分みたいな心地よい感じです。SV650を知らない人がほとんどのような感じがするので、この例えはわかりにくいでしょうけど、とにかくおとなしく走れます。アクセルもほとんど回してないです。まだ慣らしということで6000rpm縛りですが、6000回転でだいたい85km/hくらいでした。もちろん、この速度じゃびゅんびゅん抜かれます(笑)

早く開けたいなぁ…

ここがPOINT!
「実用範囲では不満がない」
80km/hまでの加速と巡航に関しては、全く問題が無いよ。頑張って開ける必要もないね。まあ強いて言えば風が…それならSFを選ぶべき?知らないけどね。

【ジクサーのいいとこ】6.ワインディング

やっぱり、バイク乗りとしては一番気になる部分じゃないかなーっと思われるワインディング走行。一言で言ってしまえば軽くてめちゃめちゃ曲がる。ちょっと難しいたとえになるけど、マリオカートのノコノコみたいなやつ。ほとんどのコーナーを減速なしでグリグリ曲がっていけてしまいます。ほかの250スーパースポーツのマシンに比べ、重心が低めなので一気に寝てこないので、初心者でもコーナーの突っ込みで怖い思いをしなくていいかも。ベテランライダーなら、自分からインにぶっこんで曲げる感じ。操れます

めちゃ面白いです。

慣らしということで、思い切った走りはできなかったけれど、流す程度の走りでこれくらいのペースが走れたら自分としては合格。こいつは速いぞ!…たぶん。

ここがPOINT!
「ハンドリングにクセがない」
ここは初心者にオススメしたいな。軽い車体と広いハンドルで、ワインディングで振るのがすごく簡単だよ。足回りも比較的柔らかめなので、シャープな突っ込みしなくても耐えてくれるよ。…まあ、筆者も慣らし段階だからそこまで走り込んでないから、今後のレポートに期待しててね。

【ジクサーのいいとこ】7.坂道でも余裕

図とはあまり関係ありません

これは隠れたオススメポイント。ワインディングでの登りなどでは、排気量が小さい場合はシフトダウンしなければノッキングで苦しくなりますが、このジクサー250に関しては6速のまま流せるのです。250でこのトルクは異常。20km/hくらいまで減速させられなければ、余裕のトルクでほとんどのコーナーを6速のまま結構なペースで流せます。ベテランライダーならこの辺の走行性能を気にするのではないでしょうか?

まるで大型バイクのような横着走行ができる!

ここがPOINT!
「トルクがすごい」
ちょっと言い過ぎなところもあるけど、確かにトルクは非常に強く、低速から立ち上がる時の感覚が、まさにV型の加速のような盛り上がり方をするよ!これ、刺さる人には刺さる魅力。ちょい乗り程度では見られない魅力かな?これはジクサーの隠れた魅力で、感じ取れる人は少ないかもね。

【ジクサーのいいとこ】8.夜でも安心!

LEDヘッドライト

これはジクサー250(新型なら150も)において、強くおススメしたいポイントの1つ。かなりの明るさを誇るLEDヘッドライト!今回のツーリングでは、真っ暗なワインディングを走ることになってしまいましたが、このLEDヘッドライトに助けられました。もうね…

めっちゃ明るい

です。明るすぎて文字が見えないですね。

近所の真っ暗な田舎道で撮影したものですが、そのままだと何も見えませんので携帯のフラッシュを炊いて撮影。右の画像はキーオンにしてハイビームの状態です。なかなか広くて遠くまでしっかり見えます!帰りが遅くなる通勤車両としては有能ではないでしょうか?

なお、こちらが通常のヘッドライト状態。この明るさは安心です。でも、壊れたら修理代高そうだな…ヘッドライトで車体が買えるんじゃないか?(笑)

ここがPOINT!
「めちゃ明るい!」
これは通勤車両で使う人にとっては注目すべきポイントじゃないかな?
夜でもしっかり暗闇を照らしてくれます。そして、自車の存在アピールにもなるから、対向車線の大人気事故「右直事故」も防げる…かも知れないね。相手によるけど、無理して突っ込んじゃいけないよ。
故障は基盤取り換えになるから、結構高いよってショップの人に言われた…

【ジクサーのいいとこ】9.燃費

やはり気になる燃費

やっぱりこれ、結構気にしてる人いるんじゃないでしょうか?そんな僕もかなり気にしていました。なんせ弟分の150が燃費モンスターと言われてるくらい、異常すぎる燃費の良さをしているから、どうしてもこの250はその点で大きく比較されてしまう。ただ、今回はツーリング、慣らし走行で6000rpm縛りということなので、大きく参考にならないかも知れませんが…

リッター43!?

リッター43km!?

だいたいリッター35km行けばいい方かな?って思ってたけども、予想を大きく上回る結果に驚き!さすがに150で言われる50km超えは無いだろうけども、ここまで楽しく走れて、しかもトルクフルで不満も無いパワーで走らせてもらってこの燃費なら満足!?走りと燃費で考えれば合格点ではないでしょうか?

ここがPOINT!
「燃費がいい!」
これはジクサーの特長ともなりつつある項目だね。うわさ通りの好燃費を出したよ。燃費がいいけど、走りは結構楽しめるから、かなりお得な長所じゃないかなーって思うね。ホントに燃費がいい方がいい!って人は、ジクサー150を選ぶのがいいかもね。でも、走りは250かも!

【ジクサーのいいとこ】10.安い!

メーカ車両新車価格差額
HRebel250599,500-150,700
HCB250R564,300-115,500
KNinja250654,500-205,700
YMT-25621,500-172,700
SGSX250R538,900-901,00
HCB125R456,500-7700
SGIXXER250448,800お得!

もはや、ライバル車とは比較にならない安さ!そして排気量125ccよりも安いとか、価格設定がカオスすぎ。同メーカーのGSX250Rと比べても10万円近い差が!恐らく装備や外装、システムなどに価格の差があるんだろうけども、10万や20万もの差があったら考えてしまいませんか?僕もこれにやられた類ですが、このジクサーには値段よりも楽しめるものがあるよって言いたいです。

やっぱり、最終的にはでしょうね。バイクを選ぶにあたっては、そこが一番重要だと思います。形が好きでもないのに乗っているというライダーは、単なるブランド志向でバイク乗ってるだけだから、すぐに降りるだろうし、少なくともこんなブログのここを読んでいる人は、結構真剣なライダーではないかと思いますので、そんなブランド志向ライダーではないので大丈夫だとは思いますが…。

次は、慣らしが終わった後のレポートや、通勤で使うにあたっての過酷な走行での実証燃費などを公開していこうかなと思っています!お楽しみに。

いかがでしたか?安いというポイントはあまりに有名なので多くは語らなくてもいいよね。
その変わった存在感と謎の走りの楽しさで、バイクライフや考え方そのものを変えてしまいかねないジクサーって、なかなか面白いバイクだよ。
わたしたちはジムカーナのページで頑張ってるよ。よかったら会いに来てね!

現在、新型コロナウイルスの影響で、なかなか入荷できない状況が続いているようなので、手に入れるのがなかなか困難かも知れませんが、もし店頭で見掛けたらラッキーかもしれません。検討してみてください。少し気になっている人にとっては、たぶん失敗しません。