【ジクサーでジムカーナ】ノーマルジクサーで115%は切れるのか?

ジクサー,レポート・日記など

8の字やらとにかく慣れる

まあ、正直なところ「ふーん…」という感じの走りしかできません。岡山で一度転んではいるのですが、それでもやはり限界まで寝かせたりすることができません。ポジション的にも、ハンドルが遠く感じます。これについては個人のライディングフォームの問題なので仕方がありませんが…

パワーは申し分なく扱いやすいのですが、アクセルオフからオンにした直後にくる衝撃(どんつき)がかなりキツイので、突っ込みから一気にフルロックに当てたりするジムカーナの技術で、かなり邪魔になります。…そうだ!今日はうまい人が来ているので、乗ってもらうことにしよう!!

…ということで、試乗してもらうことになりました。やはり、ジクサー250の存在は意外にもジムカーナライダーたちの中でも気になっているようで、喜んで試乗してもらえました。

PPS所長

模範的な美しさ。比較的大柄な体格な方なので、ポジションもすごく合ってる感じ!やはりジクサーは大柄な人向け?身体の入れ方とかホントに綺麗で、素直にジクサーを操っています。どんつきは気にならないようでした。

どMのさん(JAGE-C1級)

さすがはC1級!…ですが、やはり僕と同じく小旋回で躊躇している感じ。走っていくうちに楽しくなってきたのか、どんどんバンク角が深くなって、バンクセンサー擦りまくりになっていました。めちゃくちゃ楽しくなったようで、最終的には2面を使って走りまくり!確かにこの心地よいパワーはすごくいいんですよ…

でもやっぱり、どんつきに関してはキツイという感想を述べてらっしゃいました。

ポストンさん(JAGE-B級)

まさにB級っぽいアプローチ。クセとか感じながら走っています。ポストンさんはミニからモタード、リッターSSまで何でも乗りこなしてらっしゃるので、あらゆるマシンのクセなど、すぐに掴んでしまいます。それでいて色々とジムカーナにおいてのクセを教えてくれるので、まさにB級の鏡!

でもやはり、ポストンさんもどんつきは気になるようでした。

まとめると…

とにかく、軽くて扱いやすい、楽しい、という面では、みなさん口をそろえておっしゃっていました。そうなんですよ、ジクサーって見かけによらず軽くて扱いやすい。重心が下にいるためか、バンクさせるときの恐怖感がそれほど無いのです。初心者にとってもオススメなんですよね。まさによく曲がるマシンです。

…ただ、どんつきに関しては、恐らくジムカーナにおける必殺技的なことをやろうとするときに出る…。きっとどんつきが気になった二人は「それ」をコース内で発生させる技術を知っている…のだろう。ゆえに、コテコテセクションをキビキビと攻めることができない、このどんつきは、普通に乗っていてはどうしようもありません。技術的にはクラッチで逃がすなどで対処するしかないけれど、アクセル切った時の燃料カット振りがなかなかのもので、それで攻めきるにはかなりの練習とクラッチ代が掛かりそうな感じですね。

ご試乗、ありがとうございました!かなりの参考になりました。