月の輪ワンデースクールに参加してきました

2021年5月13日レポート・日記など

トレイン走行

コース図にあるように、コースをトレイン走行で走るのと、複数設置されている8の字を分け合いながら走ります。後は一本橋も使っても良いです。グループ内で二つに分かれて「8の字・一本橋組」「スラローム組」という感じで分かれます。やはりと言っていいのか、一本橋はとっても不人気です。僕が練習していると、憧れの主催者であるUせんせが、うちのジクサーで一本橋をやってくれるということになりました。

もう凄すぎる!!これが見れただけで、今回は来たかいがあった!!お腹いっぱいレベルの神業を目の前で披露してくださいました。ありがとうございます。

トレイン走行に関しては、ホント、サイドが無いGPR300では話にならず、とても怖くて走れません。せっかく憧れのUせんせと走れたのに、その背中はあっという間に遠く離れてしまう…。情けなくて悔しくて仕方がありませんでした。

ただ、とにかくお腹いっぱい走れます。走れまくりすぎます。

もう我を忘れるくらい、走り回れました。でも、はっきり言ってタイヤは終わっております。でも、自分的にしっかり走れたと思います。中にはジムカーナライダーのシード選手が混ざっていたりするので、パイロンスラロームでイキるのは注意が必要です

お昼の楽しみ「★遅乗り大会★」

2クールのコース走行が終わると、この月の輪ワンデースクール最大のイベント「★遅乗り大会★」が行われます。

ルールはとてもカンタン。このようにトラロープでくくられた範囲に前輪後輪を入れて、何秒耐えられるか?を競うものです。

マシンは教習車で行います。チーム戦で行われるため、団体の成績がものを言います。チームはあらかじめ主催者が実力配分がちょうどよくなるように設定されており、均衡に盛り上がるようにしているという渋い脚色っぷり。

チームの合計からの平均を取って、その長さを競います。

とにかく、景品が豪華!!みんな本気で挑もうとするオーラが出ているのがよくわかります!!これはホントにすごすぎる。

そして、今回、最終走者の人がプレッシャーが嫌だから代わってほしいとおっしゃったので、初参加の僕はよくわからず「ええですよ」と二つ返事で答えてしまった。何のことか知らないというのは、本当に怖いものだというのを思い知らされたのでした。

2021年5月13日レポート・日記など

Posted by magamo