【SV650Sアップハン計画】アクセルワイヤー延長(アクティブ・ハイスロキット)

初心者メンテナンス,SV650S

SV650Sのアップハンにおいて抱えてた問題…

無理矢理な安価アップハン計画によって、セパハンからバーハンへの移植に成功はしたものの、抱えていた問題は二つありました。一つはブレーキレバーの角度。そしてもう一つはアクセルワイヤーの長さ。

↑安価でセパハンからバーハン化した記事。

↑ブレーキレバー角度の変更に成功

SV650Sのアップハン化計画を完全・快適にするためには、どうしてもこのアクセルワイヤーの問題を解決しなければ、完全な成功とは言えないのですが、難しそうなのと目処も付かず、ずっと先送りにしてきました。そして今回、ようやく目処が立ったので、勝負に出ました。

※応急処置
ここをタイラップで止めて、無理矢理なルーティングを確保しています。
何故にこのようなことをしているか…?

このように、右にハンドルを一杯フルロックすると、もうアクセルワイヤーがパツンパツンで、アクセルのコントロールも遊びゼロで引っ張られ状態になるのです。辛うじて勝手にオープンまではいかないまでも、苦しそうなワイヤー状態なのがアクセルに伝わります。(フルロックでアクセルコントロールするような場面はほぼ無いですがね)
ハンドルを切った時に、矢印のようにアクセルが動くことがあり、キーの頂点に引っ掛かってハンドルが途中で切れなくなるという危険な事が生じていました。この白いタイラップで動きを制御(超無理矢理)することにより、それでもギリギリなアクセルワイヤー状態を保ってきたのです。
このようにSV650Sのアップハン計画において、アクセルワイヤーの延長は、長い間先送りにされてきた、大問題だったのです…。

そこで、思い切ってアクセルワイヤー変更に踏み切った…?

アクセルワイヤーの長さもSV650S用のアクセルワイヤーの有無もはっきりしないし、どうせ変更するならちょっとだけイキってみるのもアリかな?…と思って、ハイスロキットに手を出します。

汎用スロットルキット[TYPE-1](アクティブ)

しかも、わざわざイキってゴールドですよ!めっちゃ変えてんねんっていうのが一目でわかる!…みたいな。アクセルワイヤーは6000円くらいするし、現在装着しているノーマルのアクセルホルダーとうまく合うかどうかもわからないなら、アクセルホルダーごと交換してしまえばいいのよ!!というマリーアントワネットの強引な考えで、あまり後先考えずに購入。
「あれ?ホントにセットなのかな??」
って思った箱入り状態。アクセルホルダーだけしか入っていないようなコンパクトさ。
でも、ご安心…。

中身にぎっしりとセットで詰め込まれています。ちなみに…
・アクセルワイヤーの長さ
・スロットルの内径
・アクセルホルダーのタイプと色

の3種類をチョイスすることができますよ。

とりあえずは中ぐらいをチョイス…長さはバンディット1250用として指定されている900mmをチョイスしてみました…。

あんまり下調べせずの、テキトーね

もう先が見えてきた気がするよ…